Tag Archives: Anser

お気に入りウエッジは・・・・

現在所有のヘッドをリリース順に並べてみると・・・
Tour-W J Wedge BlackNickel(溝規制非適合)
Tour-S Wedge Rustique
Tour-S Wedge Silver Chrome
EYE2XG Wedge
Anser Wedge
Tour Wedge
となります。
全部積み込んで、ラウンドしながら一通りいろいろ試しています。
(おなじところから複数ボールを違うヘッドで打ち比べたりもしています)

で、現状のお気に入りは・・・


AnserWedgeです。(画像はロフト60/バウンス10のヘッドです。)
リーディングエッジをスッとボールの間に挿し込める感じで、操作に違和感がありません。
距離感も方向性も良好です。
鍛造ヘッドの打感も心地よいせいか、思い切りよくスパッと振り抜けます。
単独で使っている分には普通すぎてよく分からないのですが、比べてみると・・・「おぉぉーいいじゃんこれ!!」という感じで差を感じます。

次点は・・・
TourS Wedge
Tour-S Wedge Rustique
響くような独特な感触がさりげなく気に入っています。Anserと比べてしまうと硬さがありますが、ボールとのコンタクトフィーリングはとても良好です。CTP採用のヘッドのため、ソリッドヘッドのAnserに比べてスイングウエイトや総重量を調節できるのも魅力的です。
まだ、オーダー可能だそうなので、在庫があるうちにもう少し組んでおきたいヘッドです。

ちなみに最新のTour Wedgeはとりあえず複数本組んでみたものの、個人的にはあまりキテいませんww
Tour-S Wedge Silver Chromeと同じでしょ!という先入観と共に使い始めたのですが、チッピング時にボールを「カチンッ」とフェイスに接触させてしまっている印象があるのと、打ち出しのボールの上がり方がイメージと重ならず、ちょいとしっくりきません。
まだ使い始めたばかりなので、しばらくメインセッティングに入れて継続使用中して経過を見ていく予定です。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , , , , , | コメントを残す

新しいクラブをチェックする等・・・

R0015664.JPG
新たに組んだクラブ1式を持ち込んでミマシタ
キャディは手慣れた感じで、キャディバッグをカートに2つ装着ww
(コースマーシャルにも許可をもらっています)

基本セットである、
S56 2I-W Z-Z65 +1/2 グリーン 703ホワイト
AnserWedge 52 DG SpinnerW +1/2 グリーン 703ホワイト
AnserWedge 60 DG SpinnerW +1/2 グリーン 703ホワイト
を軸に、
S56 3I-W DG S200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
TourWedge 50SS DG200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
TourWedge 52SS DG200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
TourWedge 54SS DG200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
TourWedge 58WS DG200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
TourWedge 50TS DG200 +1/2 シルバー ID8 360アクア
EYE2XGWedge [S] Z-Z65 +1/2 シルバー ID8ホワイト
EYE2XGWedge [L] Z-Z65 +1/2 シルバー ID8ホワイト
Scottsdale TR Putter Shea
をお持ち込みw
合計何本だ?
3人でラウンドだったので、ラウンド中にチョコチョコと入れ替えてとりあえず打ってきました。
1人ラウンドの時にテーマを決めて打ち比べをして来ることにします。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Iron(アイアン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , , , , , , , , , | コメントを残す

ウエッジが欲しいんですよね

PING EYE2XG Wedge
ウエッジ類を先に入れ換えようかと考えています。
AnserWedge+DG Spinnerに別段不満はないのですが、強いて言うとグリーン回りでの操作性がもう少し欲しい感じです(生意気www)
実際には、比較対象としてスペックの異なるウエッジも使ってみたいと思っています。
特に60度はかなり使いますし、先日ポストしたように、私的にはスコアメイクの要にもなっているので、ローバンスでクラブ総重量が抑えられたものを組みたいと思っています。
それからEYE2XGも2代目S56に合わせて「S」を組み直そうかと思っています。
こちらはハイバンスのヘッドになりますが、基本バンカー用として、ライによってはロフトは少々異なりますが、60と使い分けもできるかなと・・・
で、あとは50か52をもう1本というつもりではいるのですが、ターゲットレンジを何ヤードにするのか?という部分ですかねー
S56の「W」がおよそ120ヤードなので、フルショットで100ヤード以上は飛ばないほうが良いのかな?と思案中です。
ただ、ウエッジ3本セッティングだと上が挿せないので厳しいんですけどね。
3456789Wの8本+ウエッジが3本で11本。
これにドライバーと3Wとパターで14本。
2Iや5Wが・・・・
下手くそ的には上を挿すより下を充実させたほうが良いのはセッティングのセオリーかとは思うのですが・・・・・



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Wedge(ウエッジ) | Tagged | コメントを残す

Anserアイアンのスペック選考中

WS000023
自分のスケジュールの都合上、発売日に入手できないため、まだオーダーしていないAnserアイアン。
とはいうもののそろそろスペックを決めてなんとなく頼んでおかないとなーという感じになり、脳内でスペック選定中です。

シャフト(種類・長さ)
ロフト
バランス(クラブ総重量)

このあたりが組み合わせとなりますが、やはりまずはシャフトでしょうか。

今回は・・・

グラファイトシャフトも選択肢の中に入れています。

新登場のTFC800Iは重量的にさすがに軽すぎると思われますが、軽くて硬いシャフトはトレンドではあります(笑)
PINGのカスタムオーダの場合、スチールはかなり選択肢は広いのですが、グラファイトとなると現行標準シャフトのみと限定されてしまいます。(と思う。)
TFC330IのSが現実的なところでしょうかね。

カスタムシャフトで100g台のシャフトも良いかなーとも思いつついろいろ考え中。

結局Z-Z65で組むかもしれませんが・・・www



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Iron(アイアン) | Tagged , , , , | コメントを残す

AnserWedgeとSpinnerその7

DG Spinner
AnserWedgeと標準シャフトで選択できるDGSpinnerの組み合わせは非常に良好です。

パットがホントにダメなのでキャディは2オンを許さず、刻んでからのチッピングを薦めます。(パーセーブを意識している感じです。)
AnserWedgeはいわゆる「寄せ1」の位置へボールを運ぶのが非常に簡単でピタッと寄せることができます。

私の場合60°でポトッと落とす感じが好みなのですが、バンカーはしっかりとバンスを効かせて打ち込むとフアッと綺麗にスピンがかかります。
最近気に入っているのはコッキングを早めにしながら右でトップ気味にフェイスを差し込むイメージのショット。
(*あくまで個人的なイメージですwww)
特にライの悪いところや前下がりなシチュエーションの時には印象的で、インパクト時にググッと独特なシャフトフィール+低い打ち出しで、「トン、トン、ピタッ」と止まります。フェイスには例のボールスクラッチがくっきりと付いていますのでそれなりにスピンがかかっているのかと思われます。
また、このヘッド特有のつま先タングステンの効果でしょうか?、チッピング時のヘッドとフェイスの軌道が一様になりやすい事もラウンド時の安定感に繋がっている気がします。ヘタッピな私にはTour-Sよりもこっちのほうがあっているのかも(笑)←デザインはTour-Sがシブいと思う。

AnserWedgeおすすめです。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , | コメントを残す

AnserWedgeとSpinnerその6

PING AnserWedge
<AnserWedge60°で軽くチッピングした時の画像ですwww>

DG Spinnerはクネクネの効果で安定的にバックスピン量を増やしてくれるようです。また、その背景となるヘッドの入り方が打ち出しを抑えてくれます。ハーフ~フルスイングで特に印象的にその傾向が見られます。
一方で52°のフルショッットが予想以上にキャリーが出ないのはクネクネ効果が出過ぎているのではないか?と思い始めました。
コース上でのマックスレンジは概ね90~100ヤードを想定して使っておりますが、しばしばショートします。
AWT Rのジャイアンサーではこういった現象は認められず、スイングなりな感じです。
実質的にはS56の「W」が結構広い範囲をレンジカバーしているので、ショートゲームで積極的に振れるようになり、現状のセットでは好結果となっていますが、レンジのつながり的にはちょっと偏ってしまいました。

TrueTemper社ではDGSpinnerシャフトとして2種類のフレックスをラインナップしていてPINGで選択できる「W」というフレックスに併せて「W+」というフルスイングを想定したものもリリースしています。
試した事はありませんがおそらくクネクネ度合いが違うのかと想定できます。
ウエッジ2本構成、ロフトで47°~54°辺りまでの、フルショッットシチュエーションが想定されるヘッドには、このクネクネ度合を踏まえて、アイアンと同じシャフトセットをするのもアリなんじゃないかなーと思いました。もしくは「W+」でしょうかねー
一般にサンド・ロブの範疇にカテゴリされるヘッドに「W」は凄くよい気がします。
どっちにしてもシャフトを変えようと思っているtour-sの50°改52°に「W+」を試しに挿して見ようかなー



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , | コメントを残す

AnserWedgeとSpinnerその5

PING AnserWedge
<画像はAnserWedgeの60°>

私の場合、ショートゲームのベースとしてロフト60°のウエッジを使っています。
52°は80ヤード以上である程度のレンジが必要なシチュエーションのみに使っています。
またロフト60°をフルショットしてレンジいっぱいのショットというのはしないようにしていました。
ボールがしっかり上がるのは良いですが、ライによってフェイスの入り方やスピン量にムラがあり飛距離のバラつきが目立つためです。
ところがAnserWedgeを使い始めたらキャディが70~80ヤード辺りまでのレンジだと、黙って60°を出すようになりました。最長で90ヤード辺りまでを適応と考えているようです。(まーそんな飛ばないっすよって感じですけどね・・・)

無駄にハイボールを打つ必要は無いのかなーとも考えますが、スピナーを使うようになってからある程度のスイングスピードからはスピンがしっかりかかっているように思います。
画像のように芝が噛んでしまうようなライでも、途中からはしっかりとボールマークが残ります。
距離感と方向性の安定化に繋がっているような気がします。
キャディはその辺を見ていて方向さえぶれなければオーバーよりショートがセーフティとふんでいるのかもしれません。
ヘッドの違いもありますが、たぶんこれはシャフトでしょう。
各社からウエッジ専用のシャフトも同じような方向性なのかなー

Tour-Sウエッジだけは少々お高くなってしまいますが、Anserは標準・EYE2XGはオプションでスピナーを装着してもさほど他のウエッジと変わりませんので、やはり重量が適合する方は必須オプションではないでしょうか?



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , | コメントを残す

AnserWedgeとSpinnerその4

AnserWedgeでアプローチの練習に勤しんでいます。
PING Anser Wedge PING Anser Wedge
<上:60° 下:52°>
こうして画像にすると相変わらずパッとしませんねー(笑)
しかし、いままでポストしてきたように、こんなヘタッピでもDGスピナーの恩恵を十二分に受けていて、打ち出しの抑えられたボールが打てています。スピンもしっかりかかっているので、早く本物のグリーンに落としてみたいですねー

AnserWedgeAnserWedge

拡大してみました。
レンジボールのシェルですがボールマークが結構縦方向に伸びた感じで付きます。
うまい人のヘッド拝見すると斜めにフェイス全体を使っていますが、それの1/4ぐらいの雰囲気が 出ている気がしますwww
さらに拡大してみると、やはり縦にこすった風の形跡が・・・

wedgecomp<左AnserWedge 右Tour-Sシルバークローム>

ピンボケで今一つですが、Tour-Sウエッジと比べてみました。(同じシルバーでもかなり色が違うなー)
貼り付けた割にはよくわかんねーー(笑)
やっぱりAnserウエッジのほうがボールがささくれていて鋭い感じありますよねー。
たぶんヘッドの違いじゃなくて、スピナーの効果だと思います。

シャフト単品だと2000円ちょっとだから、持ってるウエッジ全部取り替えてみようかなー?



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , | コメントを残す

AnserWedge全ロフトラインナップ

ゴルフフェア最終日も良い盛り上がりを見せていました。

TL上でひげモグラさんがPINGのパター大会で2本もパターをゲット旨をご報告されていました。
おめでとうございます!! いやーいーなー

さて、PINGブースの画像を消化していきます(笑)

PING ANSER Wedge
AnserWedgeブース
従来52・56・60と3種類のロフト構成でしたが、3月より50・54・58の3種類が加わります。
発売に先駆けて全ロフトが展示してありました。

PING ANSER Wedge
ピンボケですがw 50°
日本仕様のAnserIronはストロングロフトですので、「W」は45°となっています。
角度で見ると50°の方がディスタンスギャップがスムースな方も結構いらっしゃると思います。ハイネックウエッジヘッドで52°ですとスピン量が出すぎて極端に飛ばないなんて方にも良いですよねー。
ジャイアンなんかはこっちの方が良かったのかなーと思います
と思っていたのですが、うみんちゅさんから コメントをいただきました。すでに50°のデリバリーは始まっている模様です。(うみんちゅさん入手済み)
2月ば初めの段階では、50・54・58に関してはオーダーしても3月初旬~中旬のデリバリーと聞いていたもので・・・50がオッケーということは54・58に関しても同様かもしれません。
うみんちゅさんありがとうございました。!! 

PING ANSER Wedge
同じくピンボケですがww 54°
私はこのロフト、使ってみたいです。 Wが47°ですので、54°・60°という感じの組み合わせ。54°・64° なんてのもどうかしらー(オカマ風w)とも思ったりもします。
いわゆるある程度の距離から転がすピッチ&ランは「W」の方が方向性と距離感が掴み易いです。現在使っている52°は正にギャップウエッジでフルショットでのディスタンスコントロールを目的に使うことが多いです。で、本音はもう少しだけ「飛ばない」感じだと逆に思い切って使っていけるかもなんて想像しています。
今回も54にしようかと思ったのですが、3月からデリバリー開始とのことだったので、待ちきれず52にしちゃいました。
(EYE2XGも「S」を54°にして「L」を61°とか62°で使ってみたい気もしています。)

PING ANSER Wedge
58°
日本のコースはやはりこのくらいのロフトが調子が良いのかな?
52・58の2本って感じでしょうか?
バンカーもこのあたりがちょうどバランス良いですよねー

PING Tour-S Wedge
おまけです。Tour-Sシルバークロームの64°
これほしいなー (ラスティークの方ね)
使えなくても買っちゃおうかなー



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , , | コメントを残す

AnserWedge とりあえずまとめ 

PING AnserWedge
ジャイアンサーに釣られてうっかり買ってしまったマイAnserWedgeです。

やはりカラーコードは「赤」の方がカッコイイ(と思う)←色だけならパープル所有希望www

ジャイアンサーのクラブ総重量から逆算してもヘッド自体の重量はしっかりあると思います。
ヘッド単体イニシャルウエイトはEYE2XGと同等でしょう。
グラファイトシャフトのヘッド重量帯は異なるかとは思いますが、軽い方向へ総重量やバランスを出す場合にはTour-Sの方が良さそうです。

打感は・・・どうでしょう・・・単体での使用感はとても良好です。
軟鉄らしい当たりというかインパクト初期の柔らかさ・気持ちよさを感じます、加えてシャフトへのしっかりしたフィードバックがあり、わかりやすいです。(易しいというよりはわかりやすいイメージ)
これが、Anserに採用されている軟鉄8620カーボンスチール独特なフィーリングなんだなーと解釈しています。
(CTP搭載のTour-Sシルバークロームの方がPINGらしい柔らかさはあると思います)

マッチングという意味では、Anserアイアンを使われている方はやっぱAnserWedgeは必須ですかねwww
あぁぁーーでもラスティークがあるか・・・ラスティークは結構いい感じなんだよなー

いずれにしてもソリッドなウエッジヘッドとしての意義ははすごくあって、ワイドソールキャビティバッグデザインのシステムウエッジとは明らかに一線を画します。G20やK15の「S」や「L」なんかも簡単で良いなーと思うのですが、やはり「アベレージ+」クラスのゴルファーに必要なクラブ特性の6~7割程度なのかなーと・・・
コックショット・フェイスの開閉等、ウエッジとしての「打球感」や「操作性」は高く、まだ芝の上や砂の中で打ってはいませんが、その良さはマットの上でも十分に伝わってきます。特にソールの入りは気持ち良いですねー。スパンッといけます。

EYE2XGも輝かしく復活し、たくさんのゴルファーのキャディバッグに収まっていると思いますが、やはりクラシッククラブですので、いまどきのウエッジを想像したり、雑誌等の「伝説」系コピーに踊ってしまうと、結構な確率で「・・・・・・・・・・」とデューク東郷状態になる気がします。

その点、AnserWedgeは同じソリッドヘッドながら最新、先進のヘッドデザインに組み込まれたテクノロジーが幅広いゴルファーのショットに応えてくれるはずです。初心者という言葉は好きではないので、用いませんが、ファーストセットのハイロフトウエッジとしても使ってもらいたいですし、使えると思います。Tour系ウエッジを使っている方のリプレイスとしてもイケると思います。(と、私は偉そうに語る立場にないw)
それから、アイアンはPINGなんだけど「ウエッジだけは使えねー」という方にもぜひ使って頂きたいヘッドでありますです。はい。

Anserアイアンのデビュー当時、泣き所であった2万数千円といったようなプライシングもなく、若干お値段は張りますが、Tour-Sよりお安くそこそこ。また、SpinnerWをチョイスしたい方は標準シャフト構成に含まれているのでこれも若干錯覚ですがお得な感じです。(今だけオプションの販促シャフト??)

いかがでしょうか?



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , , | コメントを残す