カテゴリ Wood(ウッド)

G410LST

私の場合、アイアンやウエッジに比べてウッド系は極端にローキーです。
ドライバーもフェアウェイウッドもずっとRaptureV2のまま。
一応、新しいモデルは都度(途中サボってますけどwww)打っています。
でも、結局RaptureV2の方が良いので換えてないwww
直近だとG400。
「スコーン!」と軽く打ててまーまー距離も出ますが、手持ちのRaptureV2には全く及ばない。端的には大して飛ばない。
コース上でホントに綺麗当たっても250ヤードぐらいかな?
標準構成のシャフトだと、ロフト9.0°でも全部打球が上がっちゃう。
トラックマンで見てみてもスピン量多いし、打ち出し角も高い。
RaptureV2は、普通にパキッ!と打って250~260ヤード。間違って会心の一撃でボールを引っぱたけた!!からの・・・コロコロコロコロ~~~的なラッキーランを加算すると看板やスプリンクラー等の設備。もしくは杭の表記上で300が見える事もあります。やっぱり確実に差がある。

g410-lst3
一方で今は410的なタイミングなので、興味はある。

ヘッド的にはLSTが良いかな?

そして、私のような技術も体力も乏しいゴルファーの場合、ウッド系は結局シャフトがすべてっぽい。
極論、ヘッドはスピン量さえ抑えられていればなんでも良くて、適度な打ち出しでパンチショット的にボールを弾いてくれるシャフトだと距離が出ると思われます。多分ね・・・www

で・・・・

誤解を恐れずにあえてお行儀悪い表現で行くとシャフト単品で40000円以下の製品は価値無し。
一時は標準構成シャフトに拘って使っていた時期もありますが、結局どれも似たり寄ったり。
グラファイトシャフトに関してはベースコストがかけられない安物はそれなりの性能でしか無いというのが現状の結論です。
(他分野のカーボンプロダクトに置き換えて考えてみると、炭素線維をいかに無駄使い出来るかが仕上がりの性状・性能に関連する。)

g410-lst2
<かっこ良いなー>
PING様のジャパンワークスカスタム対応だと、
Diamana BF60か70辺りかな?
グラファイトデザインはもう種類が多すぎて自分では選びきれない。

そしてカーボンファイバー製品の製造過程なんかを見てしまったりしているので、
以前は「エー・・・」って思っていたCRAZY 9等の15万円クラスのシャフトも興味が湧いてきます。

PING様で組んでいただけるセット以外のモノは買いませんけどね・・・

あ、フェアウェイウッドは全然無理(笑)
新しいクラブは全然欲しくない。
折れるまでRaptureV2にDI-8Sの組合せで使います。
ヘッド探してスペアを確保しておきたいぐらい。
コレもシャフトだと思うんですけど、
しっかり飛ぶし、使いやすい。信頼度は極めて高いので、代替をわざわざ探る必要性を感じていません。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PINGでゴルフな日々, Wood(ウッド) | コメントを残す