カテゴリ ダメオヤジな日々

日本国内で自主係留中


<やっぱり鍛造が良くて60°も組みました>
中韓人と中韓からの入国しホーダイだったので、日本国内の重度汚染を危惧して早々に帰国を予定していたのですが、脱出直前でビザコントロールが始まったという情報をキャッチ。翌日、ビザ発給停止と日本国への入国制限を始めるというアナウンスが流れました。

ここで一旦待機

一方、そのころタイでは15万人ぐらいと言われているピーノイが韓国から続々と帰国し始め、タイ人のお友達からは「そのまま野放しになってやがるんだ!!」とメッセージが来ていたりしました。

現状、タイ語ベースのニュースを見ている限り感染拡大が結構なペースで進行している事と、そのコントロールが出来ていない事が伺えます。
再生産率を1としたとしても一人の感染者が新たな感染者を一人作り出し、さらに・・・という連鎖になるので、コントロールがつかなければ指数関数的に感染者が増えてかなり危険な状況に陥る可能性も十分に考えられる。
総合的判断で、
このまま日本で自主的に引きこもっていたほうが良いかなと判断しました。
(最新のデータでは封じ込め作戦のシンガポールと香港、台湾に匹敵するくらいの数値←かなり安全)

永住ビザは20年も前に取得済みなので、現行ルールであれば今後も資格喪失することはありません。が、市民権ではないので所詮は外国人。
タイ人のお友達から突然見捨てられることはないでしょうけども、タイ政府や行政が大掛かりな規制や対策を始めてしまうと「チュワーイマイダーイ」状態になる可能性は否定できません。

と、思っていたら・・・
その1 日本の特定地域(都心近郊)から入国した場合、プリペイドSIM強制購入からの自宅待機+GPSでのトラッキング義務付け
(SIMフリーの端末持ってない人はアウト? 笑)

その2 入国前14日間の自宅待機+3日以内の非感染証明書+エアラインカンパニーのドクターの承認がないと入国を拒否する場合がある

とルールが複雑になりました。
日本で英語ベースで非感染証明書とるのって結構無理かな(笑)
英語の診断書って大体1週間くらいの発行期間があるから3日前は無理だし、そもそも中国肺炎・武漢肺炎に感染していないという証明は出来ないでしょ(希望してPCR検査ができないため)

ま、実質入国不可になっちゃいました。

エアラインからも、
「戻りのフライトのクラスやフライトそのものを保証できません。」
「その旨アクノウレッジしてください」
と連絡が来たりもしています。

入国してもゴルフ場行ったら、「日本人がいる」とチクられ→防護服集団に捕獲→監禁・送還みたいなのじゃ意味ないですしね

ま、しばらく帰るのは無理かなー
家はメバーンに管理してもらってるから最長1年ぐらいは様子見でもオッケーだしね。


日本が安全というわけではないので、可能な限り誰にも会わず誰とも接触せずに引きこもり中。
知り合いだとか、仲が良いからといっても誰と接触しているかわかんないからね(笑)
日本人って結構ここからができない人が多くて感情や思想方向に走ってしまうのでとにかく自らはメッセージを含めて誰ともコンタクトしないように心がけています。

って事で普段の話し相手はアレクサだけ
(会話継続モードにすると案外話が継続できます 笑)
ま、激安ワインでもぼっち飲みしながら読書します・・・


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々 | コメントを残す

基本保証+延長 と アクシデント・ダメージ・プロテクション

ThinkPadには基本保証を延長できるサービスがあります。
機種によって価格は変動しますが、期間的には最長4年。
種類は引き取り・オンサイト・翌営業日オンサイトの3種類。
WS000004
機械である以上、必ずトラブルは起こります。
消耗品ですから5年前後を償却期間と考えるのが一般的。
その間ツールとしてしっかり機能してくれる事が大切です。
そういう意味で、メーカーの基本保証として自然故障を4年間カバーしてくれるのは便利。

個人的に重宝しているのは、
国際保証サービス(IWS)
も併せて延長されること。
(ThinkPadのみ他のLenovo製品は適用外)
国外のサービスセンターに直接持ち込めます。

さらに上記の基本保証延長に加えて・・・

WS000003
アクシデント・ダメージ・プロテクション
内臓バッテリー交換サービス
ハードディスク返却不要サービス
というプログラムがある。

基本保証はあくまで自然故障に対する事象に限定されています。
img_1
アクシデントダメージプロテクションは言葉通りアクシデントによって生じた故障や破損等もカバーしてくれるプログラム。
(自然災害や盗難・紛失に関しては一部制限あり)

ThinkPadの場合、持ち歩くことが多いという特性上からも自然故障よりも「壊した」や「失くした」の確率がグンと高くなる。

基本保証の延長と組み合わせてアプライしておくことで、期間内のトラブルは気にする必要がなくなります。
基本保証だけだと、自然故障と破損の切り分けが難しくなりサポートと不要なやり取りを何度もしないとなりません。
両者に加入しておけば、ファーストコンタクトから非常にスムース。
速やかに引き取り修理の手続きに入ってくれます。
見積もりの作成も確認も支払いもありませんから、最短で修理から戻ってくる。
私はこの2つを選択した状態で価格を見て購入を判断しています。

「壊れたら買い換えればよい」と嘯く人達はたくさんいますが、その日は突然やってきます。
ソフトウェア的な問題は自力解決できますが、ハードウェアのトラブルはどうにもならない。
大抵は大騒ぎして紆余曲折。
「あれ?壊れたらすぐに買い換えるんじゃなかったの?買い換えないんだー?」
本人にとっては大事件ですが、第3者的にはただの迷惑話。

2つを合わせると本体価格のおおよそ35~40%に相当しますが、私自身はこれを高いとは見ていません。
自己所有に限らず、私が購入に関わる場合には必ず保証分のコスト計上をさせてます。

個人的にThinkPadから消えたら困るものとして・・・

ハードウェア的には
トラックポイントと英語(米国)キーボード

ソフト的には
AccessConnectionとDtoD領域設定

サービス的には
保証延長とアクシデントダメージプロテクション

でしょうかね。
消えたときはWindowsをやめる時かな(笑)

 

<おまけ>
バッテリー交換サービスは微妙で、
・バッテリーのトラブルが期間内に発生した場合で
・バッテリー交換ができない最近のモデルを対象に
・交換時のコストがカバーされる
というもの。
2年も使えばバッテリーは劣化してきます。
このサービスは「トラブルがあった場合」なのでコスト的には微妙な気がします。

 

<おまけ2>

95年辺りからWindows端末はすべてThinkPad。
全モデルとはいいませんが、現行でいうところのXシリーズとTシリーズは世代を飛ばすことなく使っています。
自己経験的にはトラブルが起きたことはほとんどありません。
製造がIBM→Lenovoになってもそれは変わらない。
ただし、当たり前ですが壊れる時は壊れますし、壊すときは壊す。

自然故障としてメインボードの交換が2回。ファン交換も2回あります。
後は落としてディスプレイを割った事が1回。飲み物を溢して外装以外ほぼ全交換したのが1回。
キーボード破損が3回。
XシリーズとTシリーズの系譜モデルだけでも最低50台。他も含めてさすがに100台まではない思いますが、
30年弱ThinkPadを使い続けてマジで壊れたのは4回だけ。

逆にデイリーユースで長期間動いているのは・・・
X220(8年経過)
T520(8年経過)
W520(7年経過)
X61Tablet(12年経過)
の4台。
購入時からまったくのノントラブル。
(Tabletパネルはシーラント漏出あり)
数回のバッテリー交換のみで、普通に動いています。

そういう意味では保証ビジネスに取り込まれているような気もしますが、
いつ壊れてもor壊しても大丈夫という安心感は非常に有用です。
本体はいつも剥き出し。
そのまま持ち歩くし、多少ぶつけようが放り投げようが気にならない。
外装がボロくなってくると馴染んだ感が出てきます。
純粋にコンソールツールとして積極的に使うことができる。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, THINKPAD | コメントを残す

RAVPower RP-PB058


PD対応のリチウムイオンバッテリーパック
先だってMacBookProやiPadProがUSB-Cに移行。
当初、LightningやMagSafeのリソースが失われることでザワザワしましたが、
あっという間にUSB-C(PD)が普遍化
いまはPD対応じゃない機器のほうが仲間はずれになりつつある。
ThinkPadもX280でPD対応になるので外に出るときの電源は完全に統一されたことになる。

 


サイズは17.2 x 8.1 x 2.2 cmとギリギリコンパクトと呼べるサイズ。
3.7Vのセルなので重量はそれなりな458 g。重い。
ポート構成は、
Type-C(PD対応)×1
Type-A(5V/2.4A)×2
手持ちの機器的に考えると現在は移行期なのでAポートも必要。
Type-Cがズラッと並ぶやつは次回から。

 

32801935017_8e908af7ca_o
<26800mAh/99.16Whと記載されています>
26800mAhって事は3.7Vセルなので極々普通の製品
(99.16Wh/26.8mAh=3.7V)

X280で使うと考えると、
20V×1.5A=30W
99.16Wh/30W=3.30533時間給電できるってことかな?
PC以外の機器も考えると本格的に外に出るときはもう1台持っていたほうが良いかも?

バリバリの中華プロダクトなので、不具合があった場合は「秒速で代替品を送ってくる」か「完全なるシカト」の2択。
一応、Amazonで購入→ユーザー登録で、18ヶ月の保証をうけることができます。
(中国人にAmazonの注文番号を含めて各種個人情報を渡すのは極めて微妙ですが・・・)

 


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ X280, ダメオヤジな日々, THINKPAD | コメントを残す

ThinkVision P27u-10

ThinkVision-P27u-10-61CBGAR1JP-1
ThinkVision P27u-10
X280と併せて導入。
世の中的には「いまさら?」ですが、
このタイミングで据え置きのディスプレイをすべて4Kへ移行したいと思います。
安物UHD(3840×2160)ですが、一先ず4Kのサイズ感を実際に試してみたい。
ThinkVisionのロゴも入っているから統一感もでる(笑)

今まではThinkVision L2440p(1920×1200)
一箇所に横2台・縦1台の3台構成で使っています。

これを理想的にはDCI4Kでの1台運用にしたい。
実際には縦画面が欲しいので横1台・縦1台のデュアルになる感じか。
間違っても必死感滲み出る4台とか6台構成だけにはしたくない。
コスト的にも3箇所に同じ環境を揃えることを考えると程々にしておきたい。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, THINKPAD | コメントを残す

Leather Case


iPhoneXのケースを純正のレザーケース(Product RED)にしました。

 


しかしこれはXs用
Xsの発表日に、コレクションとしてXを買ったので、その時点ですでにX用のアクセサリは存在せず。
検索してみると、「XのケースがXsに使えた」という情報はたくさん見つかりますが、
「XsのケースをXに使う」というのはヒットしない。
量販店のケースコーナーでは「iPhoneX XS用」的な表示が一般的なので見切りで購入しました。

 


本体サイズは同じなのでフィッティングは問題なし。
カメラ部分の「抜き」が違うようで、隙間がでます。
実用上は関係なさそう。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, Greedisgood, apple | コメントを残す

ThinkPad X280

thinkpadx280
メインマシンのリプレイスとしてX280をオーダーしました。

導入の動機としては、
①12インチのXが最期になったっぽいから
ロードマップ上で後継と思わしきX390がリリースされました。
幅で4mm・奥行で7mmとジリジリとサイズアップ
ディスプレイは13.3インチへと大型化
構成的に530→535→240→s30→X30・40系→X60系→X200系的な流れからは外れたような気がします。一線を超えた的な?
時代はすでに0スピンドル・高解像度大画面・極薄化ですからねー
系譜としては、X280がいわゆる「リアルモバイル・B5・1スピンドル」の名残りを感じさせてくれるモデルかなーと・・・
530からデビューしたThinkPadオジサン的にはX390でもX1CarbonでもなくてX280が光って見えます(笑)

X390に関してはバリエーションモデルの登場が楽しみですが、X1carbonとの棲み分けポイントが減ったとも見る事もできるので、在りし日のX300・X301のように1世代でサクッとディスコンみたいなパターンも無いわけでは無いとも見れます。どうなるのかなー?

 

②第8世代のCore iが4コアになった
4コア8スレッドになりました。
(第7世代は2コア4スレッド)
タイミング的には理想的。
基幹構造であるコア数が倍になるのは大きい。
Xeonで動かしているシステムはやっぱりよいですからね。
実用上のパフォーマンスアップもそうなんですが、
併せてマルチコア化による電源管理の精細化にも期待しています。

③NVMe
SATAがボトムネックとなっているために大容量高速のSSDでも実際は対して変わらない。
HDD→SSDの換装は大変効果的ですが、言うほどの性能差は得られない。
AHCIだとしても大差なし。
NVMeは不揮発メモリのためのデバイスインターフェイスなだけに明らかに速度が違う。
ベンチマークもそうですが、実効速度に大きな違いがある。
本格的に0スピンドルへ移行するのであればNVMe環境が整ってからと考えていました。
(NVMe自体はX270から採用)
1年ほど前にThinkPad好きとしては「おー」ってなるルートから片面の1TBを数枚確保しました。未使用で残っているやつを初期構成の128GBを外して挿す予定。

④PD対応になった
IBM時代の細丸→黄色丸までは良かったのですが、今のスリムプラグはNECっぽくて抵抗感がある。ダサいよね。
X280からUSB-Cがメインポート化しました。充電はPower delivery対応。
日常の運用環境で電源確保ができないというシチュエーションはほとんどありませんが、スマートフォンやタブレット端末と比べるとバッテリー駆動でのポータブル運用に向いていないのは事実かと。
短時間で充電が出来るのは日々の運用上は地味に効いてきそうです。

④DCI4Kへの対応
本体のディスプレイはFullHD。12.5インチとしてはこれ以上の高解像度化はあまり意味は無し。
一方、据え置き型ディスプレイの解像度は4K・5Kが普通。
使い始めてしまうと1920*1200とか1920*1080にはもはや戻れない。
X280からはHDMI・USB-CともにDCI4K(4096×2160)に対応。
これでレーザー光源のプロジェクタ等への接続でも問題なく画角確保できるはず。

⑤LTEでの常時オンライン化
0スピンドル化により、筐体は薄く軽くなりましたが、一方で安価・大容量なHDDを搭載することができないという問題もあって、メインマシンとして使う環境を構築できずにいました。
X280ではGoogleDriveFileStreamを積極的に使うことにしました。
GoogleDriveFileStreamはローカルドライブにはファイル本体を置かず、ディスクアクセスがあった場合にオンラインから引っ張ってくる。タイムラグもほとんど無いのでローカルボリュームと遜色なく使用することができます。
ローカルのストレージ容量を圧迫しないので0スピンドルモデルには良さそうです。
強いて言うならばオフラインだとファイルが引っ張れない。
ですが、オフライン環境に長時間留まることはまず無いし、使用頻度の高いファイルだけは選択してローカルに置く事もできる。
サービスインから約1年ほど運用してみましたが、特に支障は無し。

と、言いながらも限りなくローカルドライブと同じ状態で使いたい。
ということで内臓のLTEモジュールで常時オンライン化をしたいと思います。
(いわゆるWiFiルーターやスマホテザリングでは意味が無い)

Gobi2000辺りから、Thinkpadへの通信モジュール内臓が一般化してきました。
2G(というのだろうか?)→3G→4G(LTE)と通信インフラが整備され、日常的に使用するファイルの取り扱いはオンライン・オフラインをあまり意識する事はなくなりましたが、ストレージ容量を大規模公衆通信網で代替する時代が来るとは・・・置いてけぼりにならないようにしないといけないかなと・・・

 

⑥新規格のドッキングステーション
この世代からドッキングステーションがリファビッシュされました。
今回は手始めにウルトラドッキングステーションを選択
個人的には使用マシンの入れ替え判断基準として「ドックの規格が変わったら」というのがあります。
筐体左側に、
USB3.1 Type-C(Thunderbolt3)
イーサネット拡張コネクター
が並べて配置されています。
ドックにボディを乗せてレバーを引くだけでドッグ側からの電源供給と各種ポートが使用可能になります。

余談ですが、
どこかのレビューにポート配置を「欠陥」として騒いでいるおバカちゃんがいました。
まったくわかっていない(笑)
「ThinkPadを使う」という事は「ドッキングステーションも使う」という事も含みます。ドックの価値が理解できないとThinkPadを選ぶという意味や価値はかなりスポイルされる。
その辺りを捉えられないのであれば、普通の中華PCにしておくべきでしょう。

 

⑦バイオメトリクス認証
普段使っているのは指紋認証・静脈認証・虹彩認証・顔認証の4つ。
指紋認証がポピュラーで、T42だったかな?T42pだったかな?指紋認証が採用されてからは継続して使用しています。
でもこの指紋認証上手く作動しないときには全然しない(笑)
何回か失敗して結局パスワードログインすることも珍しくない。
その代替として便利なのは顔認証。iPhoneXで初めて使いましたが、非常に便利。
IRカメラを介しての認証はエラーもほとんど無りません。
指紋認証の後継的なものと捉える事ができます。
現タームのX280の直販モデルだと、液晶パネルの種類に関係なくIRカメラが選択できました。

あ、静脈認証はまだしも、虹彩認証は色々と大げさ過ぎて個人で使う気には全くなれません。
そんな大事なデータ入ってないよ

 

⑧Windows7が終了
これは消極的な動機ですが、いよいよWindows7のサポートが終了となります。
アクティビティの高いメインマシン的位置づけの端末はすべてWindows7。
シカトでこのまま7を使い続けるのも手ですが、立場上そういうわけにもいかない。
メインマシンを10化したりもしましたが、端的にはいまひとつでした。
Windows10のオペレーションを尋ねられたりする事も多くなってきたので、習熟するという観点からもすべてのメインマシンをWindows10に移行したいと思います。

まとまりがなくなってきましたが、X280は偶然にも「使いたい!」と思わせてくれるポイントが集約されてました。

このサイズは今でもX220がメインマシン。
BIOSのホワイトリスト落としてネットワーク関連を最新化。ディスプレイはIPSに換装し、フルメモリ+1TBSSD+2TBHDD。電源回りが古いのが気になるくらいで、不満は特に無し。
地味に、X230・X240・X260と持ってはいますが、使わずにオフィスの片隅に放り投げてあります。X260は開けてさえもいない(←コレクション用)

X230はともかく240以降ははっきり言って駄作だったかなと・・・(あくまで私見です)
Lenovo臭がキツすぎて厳しいwww
X280は1周回って良い方向にLenovo化されたような印象を持っています。

構成的には、
インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80GHz, 8MB)
Windows 10 Pro 64bit – 日本語版
12.5型FHD液晶 (1920×1080 IPS 300nits) 光沢なし
16GB DDR4 2400MHz (オンボード)
インテル UHD グラフィックス 620
720pカメラ&IRカメラ付、マイクロフォンあり
英語キーボード
指紋センサーあり
NFCあり
指紋センサー、NFCアンテナ、ブラック
TPMあり
TPMあり(ハードウェアチップ搭載)
128GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, SATA)
6セル リチウムイオンバッテリー (48Wh)
65W ACアダプター(USB Type-C)
インテル Wireless-AC 8265 (2×2) + Bluetooth vPro対応
WWAN対応(Fibocom L850-GL)
RJ45拡張コネクター

という感じです。

CPUとSSDは費用対効果を名目に日和ってます。
(SSDに関しては1TBのNVMeへの換装予定)


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ X280, ダメオヤジな日々, Greedisgood, THINKPAD | コメントを残す

金属化


プリントが擦れて掠れたり、反って草臥れた感じのカードをポケットに剥き出しで使うってのが長年の習慣です。
メタル化が図られていたのは知っていましたが、ボロい感じで使いたかったのもあってやんわりインフォメーションを放置して拒否してました。
が、うっかりカードを紛失をした事でついに金属化。
残念だ…
質感はともかくモノ自体はパイロットプロダクト的な感じ。
特にICカード部分の仕上げは微妙で気になる。
窩を彫って埋入した感じじゃなくて、2枚のプレートの表をパンチして穴開けてから裏にIC載せて張り合わせたように見える。
カード自体は溶着風だけどICチップ周辺だけ加工精度が違うのが目立ちます。
エンドユーザとしての実用にはまったく問題ないけどね。

そして使ってみると・・・

プラスチックカードと見た目が異なるので「これクレジットカードですか?」から始まり、重さや表面の質感の違いからか上手く端末に挿せなかったり落っことしたりする事もある。
とどめはカウンター等の平面にピタッと張り付いてお店の人がカードを取れない。その「イラッと感」が伝わってきてお互いの精神消耗が気になる(笑)
(1人だけ、スーパーのレジで瞬時にセロテープを指に巻いて拾い上げた方がいらっしゃいました。震えたwww惚れたwwwお付き合いしたいwww)
それからローディング式の端末ではカードが飲み込まれて出てこない的な「プチ騒ぎ」の原因にもなりました。

カード自体のコストを考えるとメタルカードが普遍化することはありえないでしょうから、今後も肩身の狭い感じの立ち位置になるのかと思うと微妙だなー

手袋して静々とやり取りをしてくれるところで使ってくださいという事なのか?(笑)
そんな店には怖くて入れないよ


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, その他 | コメントを残す

MLA22LL/A


iPadPro用に導入。
長らくカバーを兼ねたSmartkeyboadを愛用していましたが、コネクター部分なのか?フレキシブル部分なのか?しばらく使っていると接続ができなくなります。
1枚目の接続が「不安定→不可」になり、2枚目を導入。
何事もなかったように復活したところから推察すると構造的な寿命と見ることができます。
そして、先日ついに2枚目も使用不可になってしまいました・・・
すでに消耗品と割り切っているので、3枚目を購入しようとアップスストアを覗くも型落ちiPadProのアクセサリは終了らしく、日本のストアだとJIS配列のものしか存在しません。
US配列を入手したい場合は修理扱いだと購入することができるらしいので、2枚とも持ち込んでみようかと思うも、肝心のジーニアスバーがパンパンで全く予約が取れません。

iPadだから・・・という先入観でSmartkeyboardに固執していたが、よくよく考えてみるとハードウェアキーボードでも良いのでは?と気づきました。
まもなく新しいiPadProも使い始めるので使い回し的な観点からも効率的です。


<US配列のキートップ>
初代のMagicKeyboardも所有していますが、より薄く軽くなっていました。
充電式になり利便性も高い。
はじめてのMachintoshはⅡCiとか128kの世代なのでキーボードはUS配列のみ。その名残でJIS配列には使いにくい。

メインキーボードのHappyHackingKeyboard ProfessionalⅡと比べ、ストローク浅くタッチは軽いです。
が、初代のローストロークの割にはしっかり押さないとダメが改められていてかなり良い感じです。


メカニカルなon/offスイッチ
初代のスイッチは知らないうちに押してしまうので、持ち歩く的にはこれもグッド。

</p
初代もエネループをローテーションさせて充電式の体にしていましたが、
やはりLightning経由でサクッとチャージできるのは非常に便利。

iPhoneでも使えるし、キーボードでのインプットが欠かせないおっさん世代には大切なアイテムでした。
常に持ち歩いています。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, Greedisgood | Tagged | コメントを残す

BF3911


日本エー・アイ・シー様からAladdin BLUE FLAME HEATERが到着。


ま、いわゆる石油ストーブですね。
(コンベクション式)
70年前から基本構造を踏襲しているのがいけてる


現在販売されているのはシリーズ39(BF39)というモデルになります。
ベースとなるJ39は1978年生産開始。
BF39はJ39にチムニーガードが装着されたモデルになります。
それでも1995年からの生産なのですでに20年経過・・・・
現行モデルと表現するのは微妙か?


外周部分が燃焼筒の役割をして、中心部分が下面から空気を吸って加熱していきます。
音も風も無くて部屋全体がうっすらと暖かくなります。


<オフシーズン時の収納ケース>
いざ買おうと思って調べてみると、コレクターやマニアの方が結構いらっしゃる。
国内生産になる以前の、
シリーズ16
シリーズ25
シリーズ32
等をセルフメインテナンスしながら使っていたりして、ポンコツが過ぎるだろ!的な世界が拡がってました(笑)

<おまけ>
若かりし頃を雪国で過ごしているのでアラジンストーブの存在は知っていて、青き炎が揺らめく雰囲気はなかなかのものでした。
しかし、高気密住宅では換気等の問題からいわゆる石油ストーブは使えない。
その点、現在のぼろ屋は高気密住宅を騙る超低気密住宅www
ほぼ事故物件であろうかという代物。
存分にアラジンを使うことが出来ます。

<おまけ2>

床の掃除はルンバとブラーバが走っています。
対照的だwww


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, Greedisgood | コメントを残す

気をつけましょう&気をつけてください

20140810_214843.jpg
<こんな家では暮らしたくない>
不明の邦人男性か、タイ・バンコクの運河で遺体発見
また、不幸な出来事が起きてしまいましたね。
今に始まったことではありませんが、私も気をつけないと・・・・

日本人はどうしても勘違いしてしまうと思うのですが、タイ人は親日とか日本人が好きというイメージ。
たしかにそうなのかもしれませんが、それは我々がヨーロッパブランドの洋服やカバンが好きという事と同じで、個人対個人で日本人がとても好きということには直結しません。
ましてやチビデブハゲとか、まっすぐ歩くのもおぼつかない老人を見て
「あー日本人のお年寄りってホント素敵っ!!」
なんて思うわけが無いのです。
300%いくら持ってんの?って事ですよ。
すこし考えて見ればわかる事なのですけどね・・・
同じ言語、同じ習慣、同じ文化を持つ日本人同士だって長期に渡って良好なコミュニケーションを維持するのが困難なのに、そのすべてが違う人と上手くおつきあいできるわけが無いし、なんとかなると思うほうがおかしい(笑)正気ですか?って・・・(笑)

あとね、ザックリ2つに分けるとタイはコンヂョン(貧乏人)とコンルアイ(お金持ち)に分かれています。
大卒サラリーマンの中間層も出てきましたが、これもコンヂョン寄りの人達です。
日本では身分法として形骸化していますが、タイではしっかり完璧に身分がハッキリわかれています。
これを認識しておかないとタイで暮らすのはなかなか大変です。

そして・・ロングステーのオジサン達が戯れるのは98%がコンヂョンです。
我々の感覚的にはかなり違和感がありますが、日本だったら段ボールとかブルーシートの家に住んでるホームレスの人達だと思うのがわかりやすいと思います。ただし、この人達が一見すると普通に暮らしているので始末が悪くて、日本人の目を曇らせます。
このへんなんでしょうかねー(笑)
以前もポストしましたが、
極々身近な所にもロングステイ目的で訪タイした老人達数名を介護と称してよくわからないタイ人と養子縁組みさせて巧妙に管理しながら、本人達を目の前にして「死ぬのを待っている」とか「早く死なないかなー」と楽しそうに語るオバサンがいますし、代理で家を買ってあげますと現地の販売業者と口裏を合わせてだまし取ることを繰り返している女の子もいます。
メバーンのオバサンのお友達は「サワディカー!どこかに金があって死にそうな老人いない?」と日々の挨拶にもこの話題を自然に放り込んできます。
たまに領事館に行ってみれば、よくわからない一族郎党全員と養子縁組させられている人もいます。

共通しているのはやっぱりいくら持ってんの? って事なんです。

そして、老後のすべて蓄えを奪い取られて自殺した人や、保険金支払いの猶予期間終了直後にガンショットされた人、お金の支払いを拒んで両手首を切り落とされた人もいます。決してこれは伝聞ではなく、いままで関わってきたタイ人のコミュニティの中で生じたものです。
今回センセーショナルな事件として日本で大々的に報道されていますが、個人的にはタイでもこういうことはそろそろやってはいけない事になってきたんだなーと思いました。(ちょっと前まではお上までグルで話がトントン進む感じだった)

また、タイへの移住メリットとして、
「生活コストが安い」
という項目が必ず挙げられていますが、実はこれは大きな間違いなんですよね。
なぜ安いか?というと、コンヂョン(貧乏人)の生活層に降りているからなのです。
彼らのコミュニティにまとまったお金を持って入ったらすぐにトラブルになりそうな事は容易に想像が付くでしょうwww
ロングステーをご検討の方は、耳に響きの良い情報以外もしっかり拾って頂き、身の丈との照らし合わせをお願いしたいと思います。

それから、「ビザ持ってる年寄りの日本人は銀行に最低80万バーツ入ってる」っていうのもみんな知ってます。
こういった背景から効率よくショートでまとめようとしてくるケースが増えてくる可能性もあるので、やはりご留意いただきたいと思います。


にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ ChiangMai Life(チェンマイライフ), ダメオヤジな日々 | コメントを残す