Tag Archives: AWT

S55スペック選定中その2

PING S55 Iron
シャフト選びをしています。
一応、Z-Z65が選択肢から外して考えるものとします。(なぜ??)
S55アイアンの標準スペックとして設定されているシャフトは、
CFS
NS950GH
TFC189I
の3種類。
さらに、
TFC330I
TFC360I
AWT
CFS MAX
Z-Z65
の5種類が標準ではないけどもスタンダードオーダーとしてラインナップされています。
それ以外のダイナミックゴールドやライフル等の選択も可能です。
私的には当たり前になってしまっていますが、PINGな感じのすばらしいシャフト構成です。

順当なのはやはりCFSでしょうか。
デビュー当初は思った以上のあっさり味で、あら?と思いましたが、コース上で使ってみると素直で振りやすくて良いシャフトです。
私的には普通に振ってもピョーンと上がらず抑え気味のきれいな打球になります。
(Z-Z65の後継っていうフレーズが先行してしまいちょっと色眼鏡で見てしまいましたね)
少し脱線しますが、追加フィーなしでチョイスできるNS950GHが入っているのも良いかと思います。
日本ブランドのクラブから移行する場合には特にですが、PING規定のヘッド重量で日本ブランドっぽく重量やバランスを出したいときには迷わずコイツでしょうかね。まー個人的にはアレですがww
しかし、やっぱり良いのは、ダイナミックゴールドなんですよねー。
手元の感じと独特のネバリがなんともいえず良いです。やはり王道なんだなーと思わせます。
面白くも何ともありませんが、S300良いです・・・(笑)

と、言いながら、実は今回、グラファイトシャフトのチョイスを本気で検討中。
TFC189Iだと88gとそこそこの重量でトルクも1.9とスチールとほぼ同等です。
まーでも多分これはあまり好きくない某社の棒系シャフトなんですよね(笑)
ホントはちょっとインチキだけど組みたいシャフトがあるんですよねー

本格的にラウンドが始まるまでまだ1ヶ月くらいはあるので焦らず毎日思案中です。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Iron(アイアン) | Tagged , , , , | コメントを残す

Tour-S Wedge Rustique取ってきたw

R0013996.JPG
アジが出過ぎて困っているTour-S Wedge Rustiqueです。
リシャフトをお願いして、かなり前に仕上がってきていたのですが、タイミングを逸してしまい相当放置していました。

R0014001.JPG
NS社製のAWT Xです。(手が写ってしまった・・・w)
カタログ表記上の重量が117g。
現行のPING純正シャフトでは最も重いシャフトになります。
クラブ総重量のみの測定ですが、
Tour-S Wedge Rustique 56° 35.75inch D6 474g
Tour-S Wedge Rustique 60° 35.50inch D6 477g
でした。
このくらいのシャフトレングスですと、+1/2インチでもほぼ標準長のカタログスペックに納まっています。
(AnserWedgeのE0微妙だなー・・・・)

R0014000.JPG
ほげほげさんをパクって+クッシン仕様w
クッシンのフィーリングが気に入っているというのもありますが、DGクラスの重量設定になるのも良いなーと感じています。

R0013997.JPG
ヘッドはボロボロなのに新品のシャフトバンドが輝いています!!
新鮮な気分ですねー。

ウエッジですのでフレックスは完全無視。単純に重量で選びましたw
ヘッドがクソなのでとりあえずドライビングレンジでの練習専用として再デビュー予定ですwww



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , | コメントを残す

AWTは・・・

すでに既出の情報ですが、備忘録として・・・・

PINGの標準シャフトであるAWT(Ascending Weight Technoligyの略)、今後は新シャフトのCFSにリプレイスされていくのかと思われますが、ウエイトフロー(Ascendingは増加する)採用のシャフトで、短くなるにつれ重量が増加していきます。

振りやすく軽快にポーンと球が上がる印象を持っています。
初期のものはトゥルーテンパー社製でしたが、現在日本で組み立てられているものはNS社製のものです。
ヘッドが異なるので一概には言えませんが、G10やi10に組まれているAWTのほうがやや硬さを感じ、弾き感があります。NS社製のほうが、スパッと振れるイメージがある反面、弾き感は少ない気がします。

US仕様のモノはトゥルーテンパー社製のモノが使われているという話もありますが、どうなんでしょうかね?
ちなみにスコッツデールパターピッケムアップはNSで無く、トゥルーテンパー社製でした。(USモノ正規購入)
ちょっと要確認ですねー。

ほげほげさんもお持ちのAWT Xは117gの元調子。カット後の重量は定かではありませんが、クッシンインサートを併用すれば、そこそこの重量を確保できそうです。

標準シャフト内での選択はCFSとの競合となりますが、この辺りの使い分けが今後どうなるのかな?

個人的にはまだ決められず悩み中。(CFS X or AWT X)←じつはZ-Z65も捨てられないwww

あと1日考えます。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Iron(アイアン) | Tagged , , | コメントを残す

ANSER +1キャンペーン (遅!)

Anser +1

と、すでにキャンペーン開始から半月がたとうとしていますが、今年も始まっています。
なぜアンサーアイアンだけなのか?という疑問はありますが、1本もらえるというのはオトクですよね。

今回のオマケウエッジはTour-SからAnserウエッジになり、ヘッドとしての統一感は高まりました。

これに便乗してもう1セット・・・と心の中で狙っているわけですが、

標準シャフトであるZZ-65やAWTもいずれ姿を消すでしょうから、ほげほげゴルファーさんもお気に入りのAWT X+クッシンの127g仕様やZ-Z65+クッシンの117g仕様などが大変魅力的です。
また1本オマケですので、有料カスタムシャフトを組むのも一考の余地ありです。
まーDG以外欲しいシャフトが見当たらないというオチがありますけど・・・
DGだったらS300かなー?

というわけでかなり具体的な欲望(笑)なのですが、
強いて言うとAnserのヘッドそのものが可もなく不可もなくという感じで、ちょっと冷めてしまっているので、販促に乗ってAnserばっかり何セットも持っていて良いのか?という迷いがあります。
1月29日までですので、もう少し様子を見ようと思っています。

初セットの方々は「買い」なタイミングですよね。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ Iron(アイアン) | Tagged , , , | コメントを残す

K15アイアン「L」

K15の「L」(ロブウエッジ)が届きました。(←ジャイアン用)

PING K15 Iron L  

AWT R( -1/4 inch)
クラブ総重量 437g
バランスD1
カラーコード「赤」
ロフト 58°
バウンス角13°
とハイロフト・ハイバウンスのウエッジです。

先日、フローのポストにいただいたコメントの話をしたところ、しばらくのた打ち回って喜んでいたのですが、
突然、「60とか58がセッティングに入ってへん!!なんでなん?!なんでなん?!」と半ギレw
個人的にはいらない気もしたのですが、欲しいものは欲しいということでしたので、ヘッドの同じK15にしてみました。

多分TheOPENのポッドバンカーからのショットで、真上に打ちあげているシーンを見て真似してみたくなったのかもしれません。

PING K15 Iron L
超ワイドなソール
今時のキャビティバックっていうのはこんなにもえぐれているのかーと改めて思ってしまいました。
フェイスを開いたりせず、普通に振って普通に打っていく分には威力を発揮しそうですね。

 

PING K15 Iron L

構えてみた感じは結構良い感じです。
K15の場合、5Iや6I等のロフトの立っているクラブだとバックフェイスに突き出たソールが非常に気になるのですが、これは自然です。
ソールがワイドすぎるのはちょっと違和感ありますねー

それにしてもK15はピカピカでかっこいいなー
どのヘッドにもメッキ仕上げをオプションで設定してくれないかなー
(ま、そもそものPINGのアイアンの理念とは相反してしまう部分ではあるのですが・・・・)

アベレージゴルファーには最強?という説もある、K15の「L」なので、ジャイアンが飽きたら少し借りてみようかと思っています。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Wedge(ウエッジ) | Tagged , , , | コメントを残す

スチールシャフトのK15

PING K15 Iron
高額なグラファイトシャフトが標準シャフトが装着されていたにも関わらず、購入1カ月でサクッと抜いてAWTにリシャフトしたジャイアンのK15です。

カラーコードは赤で、シャフト長は-1/4インチなので、私には合わないのですが、少々拝借して

激しくフルショット!!

してみました。
他人のクラブ、しかもジャイアンのクラブなので、折れようが曲がろうがはっきりいって知ったこっちゃないので、S56では絶対しないマン振り250%!!!

ビシッ!!!

チタンフェイス独特の打球音とともに全身に伝わるエクセレントショットの感触。
強風&豪雨を切り裂きとてつもない強弾道で飛んでいくではないですかー!!
そして、落下地点は170ヤード・・・いや、180ヤード弱 なにーーー
これ5Iですけど・・

S56やAnserの立場はどうなるんじゃー!!

と思ったらこいつはインチキなストロングロフトでした。

K15の5Iのロフトは25°
S56の5Iのロフトは27°
Anserの5Iのロフトは28°

なんだーびっくりしたぞ!!まーいいや

で、このスチールシャフトのK15なんですけどかなり良いと思いますよ。G15とパッと見は似てますが全然違います。
打感や柔らかさやしっかりとしたインパクト感、非常に上質です。グラファイトだとあまり感じませんが、スチールにすることでその良さが引き立ちます。
PINGさんやっぱりこのヘッドグラファイトは標準にしないほうがよいと思いますよ。



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン), Iron(アイアン) | Tagged , , , , | コメントを残す

「AWT」と「Z-Z65」と「DGS300」をクラベテミタ

シャフト比較
「AWT」と「Z-Z65」と「DGS300」の1段目の位置を比べて見ました。

AWTの1段目は長いです。
球が上がりやすいシャフトであることが、良くわかります。
また、どのフレックスでも打った感じがかなり軟かいのも、この長さによるテコが効いていると思われます。フレックスXでも、ワッグルしている分には結構硬く感じますが、打ってみるとかなり軟かいのも、1段目の効果と思われます。

Z-Z65の1段目は逆にかなり短いです。2段目・3段目・4段目と、続くステップも短いです。
スイングやインパクト時のヘッドから伝わる力を各ステップを支点にしてシャフト先端のしなり量を多めにしながら、全体が手元まで均一にしなるようなイメージの作りかな?
元調子と明言はされていませんが、元調子なシャフトの作りですね。
話を戻すと1段目が短いことで、インパクト後にシャフトがボールをすくい上げる効果が減り、弾道が抑えられるのでしょう。
シャフト重量やフレックスが軟かい割には、球が吹けない上、ステップの関係か、中間が軟かくてコントロールしやすい特性になっています。
あ、軟かいと書きましたが、AWT Xと比べても打った感じはかなり硬く感じます。
「こっちがXじゃね」と思うほどです。

DGS300はその中間あたりですが、シャフト自体が明らかに太いです。
重量もそうですが、先端部剛性のしっかりあることが見て取れます。
やはりある程度振れていないと、シャフトの良さは感じられなそうです。
ステップはそんなに短く無いので、Z-Z65なんかよりむしろ位置だけで見ればそこそこですね。
個人的にはDGは上がらないシャフトというイメージは全く持っていないので、納得です。

AWTはかなり今時のストロングロフトのアイアンを意識した設計なっていることがわかります。
さりげなくスタンダードロフトのヘッドに組んでしまうと、意図せず高弾道なセットになってしまう可能性があります。
S56なんかのヘッドにAWTを組む場合はフレックスを上げるか、ウエイト等でキックポイントや重量を調節してもらうような選択肢も考えるべきかもしれません。(クッシンを入れてみるというのも良いか!!)
意図的にDGを避けた場合にはコスト的にもシャフト特性的にもAWT Xで組むのも面白いんだなーと思ったりしました。

以上ですww



PINGのクラブを買うならゴルフショップオカムラさんで!!
ネットでカスタムオーダーができる唯一のお店です。
(オカムラさんの広告ではありません・・・w)

投稿カテゴリ PING(ピン) | Tagged , , , | コメントを残す