チャーノムイェーン(ชานม เย็น)

20130823_044119.jpg
前線の配置関係かわかりませんが、遅れて飛んだにも関わらず、優に1時間は早着で4時になる前にターミナルビルに降り立ってしまう始末。こういうときに限って、国内線は始発がとれず2本目だったりするので3時間以上あります。
しかも、リージョナルからドメスティックへの乗り換えゲートは5時にならないと開かない。(実際には5時30分前後)なにもないところで、付き添いのアテンダントの女の子と2人きりで1時間以上話すのは私も彼女もダルいのと、周囲の皆さんの目が相当気になるので、一旦入国して、例の社員食堂相当のフードコートで、朝食を取る事にしました。

20130823_044126.jpg
暇なので、当たり障りのない話題をだらだら打ってみることにします。
食事と一緒に頼んだ飲み物はチャーノムイェーン(ชานม เย็น)といいます。
おはようビールや意味の無い飲酒(時間が空いたのでとりあえず飲む等)をしないように心がけているので、出番がかなり増えましたw
言葉的にはお茶(ชา)と牛乳(นม)で冷たい(เย็น)なので、直訳するとアイスミルクティーとなる訳なのですが、日本のそれとは全く別のモノ。普通に「チャーノムイェーン頂戴!」というと、紅茶にコンデンスミルク(&シロップ)がたっぷり入ったメチャクチャ甘いミルクティーが出てきます。(それでも最近は大分控えめになった気がします)
好きな人はそのままで良いと思いますが、多分初めての人は結構ビックリするぐらいの甘さだとおもいます。
したがって、「甘くしないでね!!」マイワァァーンナッ!(ไม่หวานนะ)という言わないといけません。
しかし、一般的なチャーノムイェーンは甘いものなので、上記では唐辛子同様、作り手と頼み手との解釈の乖離が見られるケースが多く、作る方は「甘くしないでね=少し控える」程度にしか受け取ってくれない事が多い様に見受けられます。
大抵の場合、全く入れないという意味にはならず、相当甘く仕上がってきます。
結論的には「練乳は入れないでね!」マイサイ ノムコンワァァーン(ไม่ใส่ นมข้นหวาน)とお願いしてみるほうが、お互いのためになる気が経験上感じています(笑)
最初はナンジャ?コノイロハ・・・と懐疑的な目で見ていましたが、タイに戻ってきたらとりあえず的な存在になっていますね。

This entry was posted in ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ). Bookmark the permalink.

0 Responses to チャーノムイェーン(ชานม เย็น)

  1. こんばんわ!
    これはまたすごい色ですね…
    元は紅茶なんですよね?
    ∑(゚д゚lll)ガーン…

    • CNX41 says:

      こんにちわ!!
      コメントありがとうございます。
      おぉぉぉぉー・・・とても嬉しいです。
      ブログも拝見させて頂きましたー
      しばらく気配を感じることができなかったので・・・・
      良かったです(笑)

      もとは煮詰めた紅茶なので、紅というよりは黒なのですが、コンデンスミルクと牛乳で見事にこんな色になってしまいますwww
      慣れとは恐ろしいモノで、飲まないといられない状態になります。

      最近のゴルフはいかがですか?

  2. ほげほげゴルファー says:

    なるほど
    アイス(ミルク)コーヒーを濃い目に出すのと同じような感じでしょうか
    さらに、それに合うようにコンデンスミルク…
    考えられていますね

    ゴルフについてはまた後日・・すいません;

  3. ほげほげゴルファー says:

    コーディング等雑務に追われていました;
    やっと一息つけたので簡単に
    最近はITのほうが忙しい+暑いので
    トレーニング+軽くドライビングレンジということが多いです
    行くとしても近場のコースの薄暮ハーフとかで遊んでいます
    セッティングは余り変更ありません
    ゴージツアーウェッジを導入したり、G25アイアンを買ってみたり、パターをScottsdale TR ケアフリーLにしたぐらいです。
    ケアフリーLは発売日購入、事前に話は聞いていましたが長尺アジャスタブルは
    上がカーボン下がスチールの二層構造。不思議と打てるものですが
    でも一時パットがアレ(?。?)アレ?になってパター戻したりもしました。
    近年のPINGのラージヘッドは性能的にはよいと思いますが
    慣れるまでのハードル高い点はありそうです。
    FWは相変わらずRaptureV2です。さすがに変えた方がよさそうですが面倒で放置しています…
    G20+TourXも恥ずかしながら相当硬さに参って後悔した時期がありましたが、最近は達観したように苦なく振れるようになりました。HSは大差ないと思いますので何が変わったのかは分かりません。
    このぐらいです

  4. ほげほげゴルファー says:

    ケアフリーLに関しては
    まだエースパターにするかどうかは迷っていますが
    思う所、気がついた所がけっこうあるので
    (120切りのブログの趣旨から思いっきり外れますが)
    後日まとめた記事を載せたいと思います

    端的に言えば、
    ・手元のカーボンで、シャフトの下の方に重心が来ている+ライ角が垂直に近いことも相まって、ストロークの安定性は文句なし。セミアーク寄りぐらいの人でも勝手に適性打法にしてくれるので、長尺アジャスタブルは素晴らしい
    ・ヘッドはかなり重めでバランス出しはそこまでではないという王道系。但し基本アスリートユース。某サイトにある「腰への負担が気になるシニア向け…」などということは全くない
    ・やっぱりTRの溝はホワイトペイントが荒い。。。黒のままで良かったんじゃナイ?
    ぐらいです

コメントを残す