PING EYE2 GORGE Wedge

image
<左:GORGE 右:XG>
ほぼコレクションとして購入したEYE2 GORGE Wedgeです。
画像だとむしろXGの方がくっきりはっきりに見えますが(笑)、たぶんパキッと溝が切られているので、細く見えるんだと思います。実物をみるとTourGorgeWedge同様にしっかりとした溝が切られています。(EYE2はシャイニーグルーブ仕様ではないので、比較しやすいです。)
溝もそうなんですが、フェイス面の処理も異なっています。(ツアーウエッジと同じように見えます)
カタログ上、ゴージ溝の効果で約600回転スピン量が上がると謳われています。
実際の回転数はわかりませんが、ゴージ溝が採用されているヘッドは総じてスピンのかかりが良いのが、私でも体感できます。ツアーウエッジの58と52を使っているお友達も同じような印象を持っています。
リゾートゴルファーな私はテクニック的にスピン量のコントロールしたりすることは当然出来ないわけですが、再現性が悪く上手にフェイスを斜めに使えないスイングでも、毎ショットのスピン量がそれなりに出るというのはメリットで、中途半端なレンジであったとしてもおっかなびっくり打って失敗というケースが減ってきます。
突然ピタッと止まるとかボールが戻ってくるようなショットが打てるようになるわけではありませんが、方向性や距離感の向上には確実につながってくると思われます。

EYE2自体は1982年デビューのヘッドですから、30年以上前になるんですねー
溝を現行ルールに切り直して復刻したわけですが、現在でもセッティングしているトップツアープロがいるわけですから、すごいです。
私自身もSWに関してはいままでEYE2を超えるヘッドとは出会っていません。
バンカーに入っても全然怖くない(笑)
バンカー周囲の変なライならむしろ入ってしまえ!とさえ思えるようになりました。
image
PINGフリのみなさま!
EYE2 GORGE おすすめです。

This entry was posted in PINGでゴルフな日々, Wedge(ウエッジ). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA