トレイニー

image
日曜日は3人でラウンドさせていただきました。
久しぶりの電動カート(笑)
画像は何気ないティーショットの光景ですが、よく見るとキャディの数がヘンデス。

拡大してみると・・・
tranee
5人キャディがいます。
この時期に多いのですが、新人のキャディもしくは他のゴルフ場から移ってきたキャディの帯同をお願いされることがあります。つまり自分のキャディ+トレイニーがつきますので、1ゴルファーに2キャディという事になります。
事前にある程度研修を受けてますので、実際のプレーに支障が出ることはありません。
むしろ、傘を持ったままずっと追っかけてきてくれたり、扇子でパタパタしてくれたりします。バンカーアウトした瞬間にトンボがサクッと入ってきたりするので、重宝することが多いです。ただし、距離やパットライン等は見れない事が多いのでその辺は本来のキャディに尋ねる感じになります。
最近は高校生の女の子(JKww)がアルバイトでキャディをするのも結構よく見かけます。キャディとしてはどうなんだ?と思うところもありますが、先日はお母さんに娘が帯同ってパターンもありました。
いずれにしても、キャディさんの安定供給のためにはどんどん入ってきてもらって頑張ってもらいたいですねー
こちらにお住まいの方は皆さんにオーソライズされているシステムですが、リゾートゴルフでいらっしゃた際にもし依頼されたら是非受けてあげてください。

さて、例によって本題よりも長い余談ですが・・・
マーシャルの男連中と日々いかがわしい話題で盛り上がっているCNX41ですので、ちゃっかり裏話もキャッチしてあります。

このキャディ研修をお願いするゴルファーですが・・・
小うるさい客はパス。インプレーで細々とキャディに動きを強要するヤツは選ばれません。
上手すぎるゴルファーも除くとの事。勉強にならないようです。
チーケーなヤツ。キャディフィーは無料ですが、チップはあげるべきでしょうね。
外国人ゴルファーと接触させるのも目的の1つですが、全くタイ語がダメな人パスされます。意味ないからね
タイ語が全くしゃべれなかったり、「あーあれだよあれ○○○○」とか「ちょっと○○○」*○○○はタイ語と結果的に通じない人もとりあえず無し
さらに痴漢行為や暴力行為の常習者も除外されてます。(前者は日本人で後者はK国C国が主に該当します)

ゴルフ場側も自前で研修せずにゴルファーにちゃっかり便乗している訳なので、別に進んでやるモノでは無いので、選ばれるヤツはむしろ「ナメられている」という見方をしてお断りする方も多いそうですが、私的にはバックオフィスで結構まじめに日本語を勉強していたりするところを見ていたりすると、今後も日本人に親しみあるコースにする事を微力ながらお手伝いしてあげたいなーと思っています。最低でもあと30年弱はプレイするつもりですからねー

で、上記を総合すると、私は

かなり都合の良いゴルファー

であることが推察されます。
・まずゴルフが激ヘタww(1ラウンドするといろいろとキャディ業務が遂行できる)
・怒ったり、文句を言ったりしない(絶対しない)
・チップをケチらない(適正価格でフェアww)
・エロ行為とは全く無縁(いなかのオバサン達を触ったってねーwww)
・タイ語⇔日本語、タイ語⇔英語のシチューエーション会話で遊びながらラウンドしてる
(最近はメモを渡されてタイ語会話を日本語会話に置き換えさせられてますwww)
ここはホームコースですし、そう遠くない将来にはコース内に家を建てて、居座ろうと思ってやろうか!と思っているだけに、どんどん都合良く利用してもらいたいところです。

This entry was posted in 北タイでゴルフ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA