CHIANGMAI HIGHLANDS GOLF & SPA RESORT

20140328_101253.jpg
<17番ホール Par3 左に外すと面倒くさいですw>
自称ホームコース。
平日は大抵1人でラウンドするため、月〜金はここに来て、土・日は他のコースへっていうのが、パターン。
早朝のティーオフでトコトコ歩いてラウンドし、10時前にはレストランでビールってのがルーティンになっています。
市街地のコース(ランナやスタードーム)と比べると少々移動が必要ですが、市内から30分かからずにアプローチできるので、気軽に通うことができます。
ゴルフの上手い人達は総じて「ハイランドは簡単だよねー」おっしゃる方が多いですが、
途中のアルパインに並ぶハイクラスコースですので、初心者〜上級者まで十分に楽しめるコースレイアウトになっています。
(自称中級者の私にはなんちゃってパーやうっかりバーディー等が出せるので相当お気に入りです)
メインテナンスもしっかりされているので、年間を通し、ファインコンディションが確保されています。
現在稼働中の18Hに加え新たに9Hを増設中です。
27Hになったら面白いなー

プレイフィーに関してはレジデントとノンレジデントの価格に開きがあることや、スタートタイムによっても異なるので、確認が必要です。
今年は特に強気で、数日前まではレジデントでも2900バーツとかなり高価格。午後スタートのプロモーションも無し。
(昨日かな?ようやく雨期の料金に切り替えました。)
レセプションで聞いたらば、今後もこのパターンで行くようですので、ツアー会社等を通しての予約がお得かもしれませんね。

私的にはメンバーシップを行使して、300バーツ(キャディフィーのみ)でグルグルプレイできるので、どんどん値上げして、ゴルファーを絞ってもらえるとうれしいんですけどね。
北タイにはサンティブリぐらいしかプレステージコースが無いので、アマタみたいになっちゃわないかなー
(将来的にはコース内にお家が欲しいなーと思っていますw)

ちなみに現在は季節(乾期→雨期)の変わり目なので、数日前からグリーンメインテナンスが始まっています。
20140331_094217
日本のように2グリーンにしていたりはしないため、使用中のグリーンにバッチリ砂を打ちます。バンカーにしか見えないww

20140331_092733
人海戦術でインプレイ中であってもガンガン盛っていきます(笑)

20140331_100747
一応、ゴルファーへの気遣いが・・・
15番ホールPar5の3オンでラッキーバーディーをとりましたが、この芝より外に乗っけたらクソ的な残し方に思わず笑ってしまいました。

This entry was posted in 北タイでゴルフ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA