ハイシーズン2014

20140102_110250.jpg
タイでは9月~3月までがハイシーズンと呼ばれる時期になります。
(暑くなく雨が降らないため)
ほんの数年前までは、単純にラウンドフィーが高くなって、多少人が増える時期という認識でした。
が、最近はかなり事情が異なってきていて、早朝にティーオフしてもすでにカートがズラーッとスタンバイしています。

20140102_110227.jpg
1ラウンドして戻ってくると・・・・
大抵はこんな感じでスタート待ちのカートが列を連ねています。
そして、みんながゴチャゴチャに出て行く上、すぐにティーオフできるホールから始めてしまうため、パーティごとにアウトするホールが異なってしまう事も珍しくなく、コース全体が猥雑とした雰囲気になり、落ち着いてラウンドを楽しめません。
今シーズンも同様な傾向を示していますが、少し棲み分けが進んできたような印象があります。

タイ人は午後からのスタート。
これは昔から変わりません。暑いのがあまり気にならないのと、会社や家庭の行事を普段と変わらない感じでこなしてから、午後はゴルフという人が多いためでしょうか。普段の生活のペースを乱さないというか、ライフスタイルに自然な形で組み込まれているといったところでしょうかね。コンペなんかもお昼ご飯が無料で出ていて、午後1時ティーオフってのが普通です。

そして問題の午前中ですが・・・
早朝~午前のスタートが好きな私たち日本人。かなり遅くても8時ぐらいにはティーオフして行きます。
お昼には上がってしまうので、ゆっくりのんびり握りながら廻るタイ人グループとは重なる事がほとんどありません。
ところが、ここ数年で、K国の大軍団が混ざり始め、最近はT国(日本では地域と表現する国)とS国(直行便が便利私も住んでますwww)の方々も多数見かけるようになりました。
その結果・・・
K国の皆さんが観光バスで1度に大量に押し寄せ、一時的にゴルフ場の機能を停止させたり、1パーティ全員が下手ピッピの事が珍しくないため、スマートにラウンドができず、コース上でもプチフリ現象が頻繁に起こります。うっかり残念なパーティの後ろに付いてしまうと1ラウンドするのに6時間ちかくかかってしまう事もあります。

単純にウザかったのですが・・・
今シーズンはちょっと変わっていて早起きができないK国の皆さんは早朝のティーオフをあきらめた模様です(笑)
9時~11時辺りにぞろぞろと屯し始めて出て行くスタイルに変わりましたww
まーできない事はすんなってのが本音(笑)
教科書が何とかっていうニュースも出てましたが、別にこっちは望んでいませんので・・・
という感じで、1日のブッキング数は変わらない状態でも、朝のティーオフは快適そのもの!!
7時にティーオフすれば18ホールをスイスイと廻ってこれます。
北タイゴルフも落ち着きが出てきた2014のハイシーズンといった感じです。

This entry was posted in 北タイでゴルフ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA