Monthly Archives: 4月 2013

こんな感じです

R0015443
ヘイズな時期もピークを超えたようで、ドイステープの山並みが普通に見えるようになりました。
そして、思った以上に暑いです。
雨は降り出しそうなフリをしてまだのようです。

 

R0015444
久しぶりにバッケージをロストされてしまいました(笑)
ちなみに書類はタイ航空のものですが、ロストしたのはTG(タイ航空)ではなく、SQ(シンガポール航空)です。
サービスクオリティとしてエアラインコードをSQとして掲げるシンガポール航空ですが、今まで私が経験した、ロストバゲージは全部SQです。
まーSQに年間100回乗った年もあるので、単に確率の問題かもしれませんが・・・

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

93.25 FM Radio Thailand Chiangmai

ScreenShot_by_s4bb_2013-04-13_09-17-04
<BlackBerryのストリーミングアプリケーションTuneinRadio>

日本に滞在中です。
移動時は大抵BlackBerryのTuneinRadioで、93.25 FM Radio Thailand Chiangmaiを聴いています。
読み書きができない劣等生的にはハーモニーとしてセンテンスを捉えているので、ちょっとタイ語と距離ができてしまうと、とたんに会話力が落ちてきます。

音楽はもちろんなのですが、好きなのは人生相談コーナー(笑)

みのもんた的なMCのおじさんとアシスタントのおばさんがリスナーからの相談を電話で受けるというベタな構成ww
「旦那をキッグ(愛人)から取り戻したい」とか「近所の人達から借りたお金が返せないどうすればよいですか」等、非常にオーソドックスな内容(笑)また、北タイならではの、「私はタイヤイなので言葉が通じなくて困っています」とか「パーサスコータイ(スコータイ訛り)が治せず、チェンマイ人の嫁とその家族にいじられてもう耐えられません」なんてのもあります。
MCのおじさんは非常に柔和なトーンで丁寧なのですが、独特の毒感があって、相談者を結構イジります。
アシスタントであるはずのおばさんも突然キレて、相談者に説教を始めたりしてかなりウケマス。

ビジネスニュース等は、ほとんど意味がわからないため、すぐに飽きてしまうのと、淡々と報告調で流れてくるタイ語はその実、日常生活にはあまりフィードバックされません。
人生相談は相談者の喜怒哀楽の抑揚表現や、MCの口調は、日常会話としての有用なエッセンスを得ることができます。
ともすると「ワ・レ・ワ・レ・ハ・・・・」と壊れた機械のような方向になってしまう外国語ですが、少しづつうまくなれたらなーと思ったりもしています。

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

ソンクラーンですねー

20130329_121647
<700年の歴史を持つスポーツコンプレックスの駐車場>
さて、ソンクラーンです。
ほとんどのタイ人にとっては数少ないまとまったお休みなので、のんびりしている事でしょう。
イメージとしては4月に入ると、みなさんザワザワしているイメージがありますが・・・

そして、口を揃えて
「ソンクランは楽しいよ楽しいよ楽しいよ」
との事なのですが・・・・
バイクに乗っていて水を撃ち掛けられて転倒しても「ありがとう」
デジカメや携帯電話が壊れても「ありがとう」
と言わなければならないってのはどうもね・・・

私は、すでに水を撃ち掛けられるのを避けるため、脱出済みwww
この時期に限っては日本が避水地になります。
まー4月は日本での業務が忙しいってのもありますけどね。

タイ人的には毎年ソンクランが終わると何食わぬ顔でチェンマイに戻ってくる私を見て、
「なんでソンクランの時期にいないんだ!!もったいない。。」
と決まり文句を投げてきます。
その割には「今年は何人死んだ」とか「どこどこのだれだれが大けがをして入院している」等、恐ろしい事も言います(笑)
個人的にはそのあたりの総合的な判断により、いないだけだよ!と言いたい。

そう考えているのは決して私だけではなく、
2~3年前から目立つようになりましたが、
「ソンクランはタイにいても何もできないし、危ないから海外旅行に行く」
と言うタイ人も結構います。
もう少しすると、日本の年末年始のような位置づけになっているかも・・・

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

ビッグモトの取り扱い

今年(4月?)より、法律が変わって(どう変わったかは知らないwwww)
排気量の大きいビッグモトが合法的?にラインナップを始めました。
しばらくすると500cc以上のモデルが各社軒並みそろうことになります。
タイ国内で生産された車輌に関しては、普通にナンバーがとれます。
(確かに4月にCBR500が発売された)

いわゆる輸入車の大型バイクに関しても従来よりも簡便に安価で登録ができるようになった模様です。
(これもどう変わったかはよく知らないwww)
「いままで1.4ミリオンぐらいだったモトが次回の入荷から同じ仕様で1.1~1.2ミリオンぐらいでナンバーが付けられるようになったよ」
とモトショップのお兄ちゃんから聞いた(笑)

いずれにしても、大きなモトがちゃんと入手しやすくなったのは、意思疎通の拙い外国人にとってはとても良いことです。

さて、現在流通しているビッグモトですが、日本製のものは大半が部品扱いで持ち込まれ、タイ国内で組み立てられたもの。
タイの場合、保険は車体番号を基に掛けますので、そこまで手続きをしておき、その後放置というパターン。
厳密にはよくないようですが、実際の使用には支障が少ないようで、そのまま乗っているのが一般的です。
(もちろんびっくりするぐらい関税を支払って登録している車輌もたくさんあります。)

で、唯一の問題はポリ(ス)に止められしまった時・・・・

ナンバーが付いていない車は原則販売店と自宅への移動等、やむ得ない場合以外は乗ってはいけないというのがホントのようで、
それが拡大解釈されて「近場ならオーケー」というニュアンスで溶け込んでいる感じのようです。(と思う)
ですので、明らかにおかしなところをナンバー無しで乗っていると駄目なんだそうです。

つぅー事で400バーツ。

ビッグモトのお友達連中の解釈はこう。
・たまに停められるだけだから、サクッと400バーツ払えば終わり
・数日はこのパクられた紙を持ってれば問題ないし、毎日は捕まらない
・特に外国人の場合は「わからないフリ」から始められるというメリット?がるので、スルーの可能性もあってうらやましい

日本製のリッターバイクの中古だと10~15万バーツで流通しています、結構いじっても25万バーツは行かないぐらいでしょうかね。
ですので、こいつを無理矢理書類をそろえて関税を払い、ナンバーをとるよりは都度400バーツの方が良いという解釈ですね。
チェンマイ周辺の1日の最低賃金が約300バーツですので、カブに乗っている人達には死活問題で、非常に抑止力のある罰金制度ですが、彼らには逆に免罪符を与えてしまっているのと同じ状態。うむーーさすがタイランド。

ちなみに、私は外国人なので、彼ら曰く・・・
「絶対タイの免許を見せるな!!」
「日本の国際免許だけ見せろ!!」
「言葉は一切しゃべるな!!」
「どうせしゃべるなら100%英語で通せ!!タイ語はしゃべるな!!」
「お腹のドクロをみせてやれ!!」(お腹って・・・当然そんなものは一切施していない)
と、人事だと思って言いたい放題(笑)
失敗するとしたで、それはそれでネタにされるに決まっています。

もう少し普通のタイ人の意見を聞くと、
「ちゃんとナンバーの付いたモトにしろ」
「ドカティは1100までタイ生産だし、ホンダもCBR500を出したじゃないか」
としごくごもっともなご意見が多くを占めます。

そんな背景もあり、手段等は不明ですが、今までナンバーが付けられなかったモトに関しても簡単な手続きでナンバーが付けられるように
なる(なった?)ようで、SUZUKIのバイク群を所有するお友達は全部ナンバーを付けると言ってました。
*一定期間に申請が必要なのかもしれません。
(この件に関しては未確認&誤情報の可能性大です)

「チミはナンバー付ける?」って言ってたので、そういうことなのかもしれません。

まー過渡期という事で、どこかのタイミングでタイ生産車輌に切り替えるのが、売ったり買ったりも含めると良さそうな気はします。

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

CREA Traveller がタイ王国特集

20130409_120338
クレアトラベラーがタイ王国特集です。
おなじみのバンコクを始めチェンセーンなんかも結構ページがさかれていました。
この本を見て来る人はどーやってチェンセーンに行くんだ?
ビザランや小モトでミンミン走り回っている連中とは違う訳ですからねー・・・
やっぱクルンテープ→チェンライ→チェンセーンでしょうかねー
このくらいなら、100km無いでしょうから、バンでも1時間ぐらいあれば着くのかな?
先日、チェンマイ→チェンライ→チェンコンまで行って帰って来ましたが、
この本と記事の美しい写真を見て、ゴールデントライアングルに惹かれて来た人だったら、
「もーいーや」となること請け合いでしょう(笑)
でも、チェンセーンが熱い!的にインフォメーションしてしまって良いのかなー?
いくら超高級リゾートの開発が活況でも国境のクソいなかですからねー

20130409_120423
さて、チェンマイのページもありました。
やはり、有名どころのお寺と川沿いの道が重点的にレポートされています。
チェンマイらしさを十分満喫できそうな内容。

ホテルは、
20130409_120436
フォーシーズンと

20130409_120455
ピラーズハウスが出ていました。
どちらも良いホテルですねー
ピラーズハウスに泊まったことは無いですけど・・・泊まってみたいなーwww
お知り合いとかが来て泊まるついでに便乗するとかだと、あり得そうですが、市内のホテルには泊まるチャンスはなかなかなさそうです。
チェックインしてから、一度戻ったりして(笑)

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

カフェ

20130404_100320
タイはコーヒーショップがとても多いです。
道端の屋台から、おしゃれなカフェまで、バリエーションも豊富。
私自身は、普段全くコーヒーを飲まないのですが、ここまで整備されていると自然と口にする機会が増えてきます。
初めてタイに来たころはインスタントのインチキなコーヒー(10バーツ)ばかりで、しかもこれでもかというぐらい甘いのがスタンダードでした。
唐辛子同様に、カフェーダム(ブラックコーヒー)と言っても、シロップを入れる彼らの手は反射的に動いてしまっていました。
最近は、相当本格的。
特にチェンマイは周囲の山がコーヒー豆の産地であることあるせいかかなりのものかと思います。
お友達がオーナーのカフェも採算がとれるのか?と思うようなイタリア製のエスプレッソマシーンを4台も入れています。
チェンマイバリスタクラブなるグループもあります。

20130402_113142
ま、私の場合は原則こちらオンリーですが・・・・

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す

タイでの外国人の不動産所有について

R0015250
先ほど、コンドミニアムの平米当たりの価格を尋ねられてふと思い出したのですが、タイでは外国人は土地を買うことはできません。居住スペースとして所有できるのはコンドミニアムのみになります。また、永遠では無く99年間とか期限が記載してあります。期限が経過したらまた延びますと言っていましたが、タイの低品質な建築物がそんなに保つわけないし、個人的には自分が死んだ後のことなど、はっきり言ってどーでも良いので、変則ではあるものそれが実質的な所有権であると解釈しています。

<ついでに思い出した話 その1>
たまにゴルフ場でお会いするおじいさん(日本人)が声たかだかに「オレは自己所有で土地建物も買ったんだ!書類もある!!」と嘯いていました。いわゆるロングステー族(と一括りにするのもいかがなものかとは思いますが・・・・)なのですが、結構聞くのが、不動産資産管理会社風の会社や団体が発行したパチモノ書類を権利書だと思い込んでいるパターン。
「名前を使って代わりに買ってあげた」という感じの名義料風の内容で、何の担保もなくお金を差し出し、タイ人名義で登記されているケースがほとんどのようです。大抵はおつきあいをしている(と思っている)女性から話を持ちかけられるという流れのようですねー
ちなみにその方は「3000万円以上した」(毎回値段は微妙に変わるwww)とおっしゃられるのですが、偶然ウチのメバーンをまとめるメバーンとしていろいろしてもらっているコンチョン(貧乏な人)のおばさんが、同じ分譲地に1.4だか1.8ミリオンバーツの家をとんでも無い回数の分割払いで購入しているのですが、その分譲地で最も広くて高い区画のネットプライスが3.3ミリオンでしたので、この日本人は一体どこに何の金を払ったのだろう?という事になります。

<ついでに思い出した話 その2>
私が遊びで料理をさせてもらっている定食屋にタイ語がしゃべれない&移動手段が無い日本人の老夫婦達をまとめて連れてくるタイ人のおばさんがいます。「タイ人名義で家を買って、その後養子縁組をすれば大丈夫」だったか、「タイ人を養子にすれば家を買える」だったかは定かではありませんが、不思議な理屈でタウンハウスにおそらく年金ビザ族であろうお年寄り数名を抱えています。実際どうやってどこまでどうしているのかは図れませんが、確かに妙な養子縁組届けを出している人は見かけたことがありますねー。
ちなみに・・・
そのおばさんの口癖は
「日本人の年寄りが居たら紹介してくれ。」
それから
「マジで、タイの女だけはやめておけ!世界一番最悪だぞ ウヒヒヒ」
の2つ。定食屋さんのおじさんもそれをワキで聞いていてへへへーって笑うだけw
このおばさんの世界観がどの程度のものなのかは不明ですが、いろいろ確信犯的であります。

ま、日本人をだますタイ人以上に、タイ人に相当ひどいことをしている日本人(外国人)もらくさんいるので、これは良い悪いの問題ではありませんけどね。

おっと、脱線しました・・・・・

ということで、ネット等で、散々皆さんが情報を発信されているように、どんな方法をとっても外国人が個人名義で土地と建物(家・タウンハウス)を所有することはできません。

コンドミニアムでは無く、自己所有(風)の家に居住したいという事だけで考えてみると、1.5〜2.0ミリオン前後の安い物件であれば、お手軽な裏技として、コンルアイ(お金持ち)のお友達名義で登記してもらうのも手です。
彼らは自身が所有する車やモト1台の価格にも満たないしょぼい建売りなど気にもとめませんし、その家が原因でトラブルになることは皆無でしょう。(笑)ま、これも家族的な知見のあるコンルアイがいる事が前提になるので、ユースフルではありませんね

しつこいですが、もう一度書きます。
どんな方法をとっても外国人が個人名義でタイに土地と建物(家・タウンハウス)を所有することはできません。

okamura-logo

PINGのクラブを買うならオカムラゴルフさん!

オンラインでカスタムオーダー出来るのはココだけです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ ダメオヤジな日々, ChiangMai Life(チェンマイライフ) | コメントを残す